【エクセル(Excel)】グラフ、軸の書式設定について。

エクセル

グラフを作成したけど、

軸の表示方法を変更させたい

と、思ったことはありませんか?!

ちょっとした手順を覚えるだけで、簡単に軸の表示方法を変更することができます。

データを魅力的に表現することができる『グラフ』


今回は、軸の書式設定について解説していきます。

Excel

復習(グラフの作成方法)

~コチラからチェックしよう~

「軸の書式設定」について

「軸の書式設定」の作業ウィンドウから、設定していきます。


↓ ベースとなるグラフはコチラ ↓

Excel

基本手順

方法① グラフをダブルクリックし、「グラフエリアの書式設定」を表示させよう。

方法② グラフを選択し、右クリックから「グラフエリアの書式設定」を選択しよう。

Excel

変更したい書式が分かっている場合。

↓ 軸を変更したい ↓

Excel

軸を変更したい場合は、軸をダブルクリックすると「軸の書式設定」が表示されます。

縦軸の表示単位の間隔を変更する方法

手順① 「軸のオプション」から、「グラフマーク」を選択しましょう。

手順② 項目の中から「軸のオプション」を選択しましょう。

Excel

手順③ 表示させる範囲(最小値~最大値)を入力しましょう。

手順④ 目盛線となる(主)を入力しましょう。

※これで、グラフの表示形式が変更できます!

Excel

右側の軸も同様に、変更したい軸をダブルクリックして対応しよう。


色やラベルの位置、表示形式なども変更することができます!

まとめ

いいかがでしたでしょうか?!

グラフの軸の書式設定について理解できましたでしょうか?!

グラフの表示方法(見せ方)を変えることで、データの印象が変わりますね。

これで資料やデータ作成にも役に立ちますね。

ぜひ、グラフの見やすさを追求してみましょう。

最後に!

グラフの軸の書式設定を駆使して、作業効率向上に繋げよう。

私の合言葉は、~効率化を図り、人生を豊かなものに変えよう~

さぁExcelを一歩ずつ習得し、未来を切り開いていこう!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ads

コメント

タイトルとURLをコピーしました